d3timer のすべての投稿

パパ掲示板

パパ掲示板、使い方間違ってる人がいたー!
今はもう削除されてないんだけど、某パパ掲示板に、涙をそそる書き込みが出たことあるの。
「ユウジ、サトミ(名前はうろ覚えだけど、こんな感じの名前だった)元気か。お父さんは、あれからひとりで頑張ってます。顔を見せにきて欲しい。やっぱり、別れ別れになっても親子なんだから」
みたいな・・・。
離婚して、奥さんに子ども取られて、面会もできないまま、子どもたちが成人して、自立するようになって。
それで、ふと気付いたら子どもたちの成人した顔も知らない自分がいて。
血を分けた親子なのに、お互い知らない他人という状況に今さら気付いて、今はどこにいるかもしれない、子どもたちに語りかけるわけよ。
パトロンの探し方
俺の場合は、離婚して、母親の方が出て行っちゃったからさ、立場は違うけど、もし母親が「元気ですか。顔見せてください」なんてメッセージくれたら・・・。
どうするかな、会いに行きたいとか、会ってみたいって気持ちになるかな・・・。
微妙だよね。今の生活、波風立てたくないしさ。
出ていったのは母親の方だからね。会いたいなら、土下座して会いに来るのはそっちのほうだろって思っちゃう。
しかも、このおとーさんの場合、決定的にパパ掲示板の使い方間違ってるしさ・・
冷たいようだけど、こんなアピールしても子どもたちから連絡ないと思うよ・・・?
一昔前の新聞広告みたいなのとパパ掲示板を勘違いしたんだろうね。この人。
ほら「父危篤、すぐ帰れ」みたいな新聞の探し人欄って昔あったじゃん・笑
お金くれる人
お金くれるおじさん

フェラされたい

かわいい彼女ができた。
友達に誘われていった合コンで知り合った子だ。
合コン自体あんまり参加したことがなくて、合コンの独特な雰囲気にうまく
なじめなくて困ったなーと思っていたところ、同じようになんだか
場違いなところにきてしまったって顔をしている子がいた。
その子がいまの彼女。

合コンの場では全員が連絡先を交換していて、社交辞令のラインは
とびかったけれど、その子からは別の内容のラインがきた。
「実はもう少し話したかったんです。」
なんてうれしいラインがきたものだから、俺はデートに誘ってみることにした。
後日2人で会って話してみると、すごく気が合うように思えた。
だから俺はその場の勢いを借りて
「付き合わない?」
って聞いてみた。
フェラしたい
時間をおいたらもう言えなくなるかもしれないし、彼女が気乗りしているときに
攻めたほうがいいと思ったからだ。
その場で女の子はOKしてくれた。

それで数日後にまたデートして、結構時間が遅くなったけれど女の子は帰ろうとしなくて
「もうちょっと一緒にいたいな。」って言ってきた。
これはいくしかないとホテルへ。
緊張しながらも初セックス。
フェラされたいと思いながらもさすがに初めてで言い出せないと思っていると、
彼女がフェラしてきた。
俺のフェラされたいという気持ちが通じたのかもしれない。
そんなこんなで俺のフェラされたいという願望も彼女がほしいという願望もかなった
わけだ。
俺も彼女のフェラに答えるようにたくさん彼女をなめた。

クリトリス調教
クリトリス調教

35歳独身男性会社員の神待ち

35歳になって、出会い系サイトを使ってもパートナーが出来なかったために神待ち掲示板をつかってパートナーを探すことになりました。

参考にしたのは、神待ち掲示板【家出少女とアポとるには】というサイトに掲載された19歳の女性の体験談です。

最初に行った事は、掲示板を利用するために自分のプロフィールを充実させました。
しばらくして、数人の神待ちと思われる20代から30代の女性から私にメールの送信がありました。

一応お気に入りの女性や困っている女性は存在すると思って、神待ち掲示板で多くの女性のプロフィールを見て、お気に入りの女の子にメールする事を考えていました。
私にメールを送信した神待ちの女性は、独身の女性である事が分かったので、しばらくメールのやり取りを行いました。
困っている事に関する相談などをメールでやり取りをして、数人の女性に次第に打ち解けていくようになりました。

しばらく掲示板やメールのやり取りを行っていた女性に関して、お付き合いをする男性が決まったために私と掲示板でのやり取りを行う事を中止しました。
ある20代の女性に関しては、まだ彼氏が見つかっていなかったので、神待ちの状態である事が判明しました。
何度か掲示板やメールでやり取りを行って、一人暮らしで販売員のアルバイトとして働いていたので、生活が非常に苦しい状態でした。
そして、彼女から会いたいという申し出があった為に指定のカフェで出会う事になりました。

カフェで神待ちの彼女は非常に痩せた状態であったので、少しばかり食事をおごってやりました。
すると、彼女は喜んで彼女の家を私に紹介しました。
掲示板で知り合った彼女と出会って、話したりするうちに意気投合をして、私が住んでいる一軒家にしばらく同棲する事になりました。

結果的には、彼女は私の家にすむ事を希望して、私の家に引越ししてきました。
幾分生活費に余裕があって、お小遣いも月に数万円程度はあげています。
私は仕事に出かけている最中、同棲している彼女は積極的に家事を行って、今までの生活よりも嬉しそうな態度で私と一緒に生活をしています。
今回はたまたま良い人と同棲する事が出来たので、大切にしていきたいと考えています。

24歳独身男性公務員の神待ち

私は普段の自分の性欲を解消する方法として神待ちを行って一般人女性とのセックスを行う事を第一の方法にしています。
神待ちはインターネットの神待ち掲示板で行うのが私のパターンで、神待ち掲示板で一般人女性による書き込みがあった時にその一般人女性の書き込みに対して出来るだけ自分が出来る事を全て提示して一般人女性の興味を惹く事が重要になってきます。
神待ち掲示板でこれまで私が神待ちを行って実際に一般人女性をゲットした回数は10回以上に上ります。

神待ちは一般的には住む場所が無い、ご飯を食べる事すらも出来ない、といった様々な事情を抱えた一般人の成人女性を神待ち掲示板などで誘って自宅に泊めさせて食事を食べさせてあげる事を条件として女性と性交渉を行う事を指します。
私は先日も神待ち掲示板で一般人女性に対するレスポンスの書き込みを「一戸建てに住んでいますので何でも自由に使って良いですし、好きなだけ泊まってもらっても構いません」という内容で行った所、その日の内に一般人女性が私の住む借家の一戸建てに訪れ、性交渉も出来てしまいました。

この様に神待ち掲示板おける神待ちは一般人女性へのレスポンスの書き込み内容が非常に重要となってきます。